大人の学びは自発的なため面白い

若い頃は、勉強が嫌いで仕方なかった私ですが、年齢を重ねるにつれ、学ぶことに面白みを覚える様になりました。
もう少し早く、気づくことが出来れば良かったと思うことも多いのですが、やはり色々な経験を経て、今だからこそ、面白いと感じられる様になったのかもしれません。
若い頃と違う点と言えば、何を学びたいのかを自分で決め、行動に移すという部分です。
小、中学校における義務教育は、予めカリキュラムがあり、個人で選択出来る余地はとても狭いです。
もちろん、あらゆるものの基礎という点では、どれも大切なのでしょうが、やはり得手不得手もありますし、全てを好意的に受け止めることは、私には出来ませんでした。
その点、大人になってからの学びというのは、自分が知りたいもの、必要なものをピンポイントで選ぶので、難しさから挫折することはあっても、興味がない状態で始めるということはありません。
そして、何より無償ではなく、お金を払っているので、元を取るためにも、勉強に身が入る様に思います。
若かりし頃にサボっていた分、しっかりと学び、楽しみたいと思っています。