教育の目的と日本における義務教育

教育とは、人間の基礎を形造る基本的な学習です。
知識や技能の学習は、その人のもともと持っている能力を引き出します。
人間としての基本的な能力のアップさせることが教育の目的です。
日本では、中学生まで学校に通う義務教育があります。
別名フォーマル教育ともいい、学校と呼ばれる教育施設を使用します。
知育や徳育、体育などを教員免許を持った先生が指導し、生徒は集団行動を通じて人間関係を学びます。
高校生からは義務教育ではないので、学校に行くのかを自分で選択できます。
教育の種類は様々ありますが、そのなかでも重要なのは家庭内教育で、インフォーマル教育とも呼ばれています。
子供にとっては家族が全てであり人間関係や生きるための基本的なことを学ぶ重要な場所です。
家庭でのしつけはいちばん大事です。
体に染み付いた悪い癖はなかなか直せず、成長してからマナーを注意される人も多いです。
親が愛情を持って子供に接すれば、子供はきちんと応えてくれます。